格安スマホでどんなことができる?

格安スマホでどんなことができる?

 

格安スマホの定義にはどんな意味があるのでしょうか。単にそのままの意味で捉えれば高級なスマホに対して格安なスマホ、即ち廉価版スマートフォン全般をそう呼ぶことができます。

 

しかしこれにはもう一つの意味があって、仮想移動体通信事業者(略してMVNO)と呼ばれる新しい携帯電話会社がSIMカードとセットで販売しているスマホをそう呼んでいる場合もあるのです。

 

ドコモやauなどと比べると1/3以下の料金で使える場合もあって近年大人気の格安スマホは、新しい携帯電話の形としてすっかり定着してきた感があります。

 

MVNOでスマホを使うには主に2通りのやり方があります。ひとつはSIMカードだけを契約し、既に所持している端末を使う方法です。

 

SIMカードごとに対応している端末を確認したりする必要がありますが、しっかりと確認ができれば、送られてきたSIMカードを挿入することですぐに使う事が出来ます。

 

もうひとつはSIMカードと端末のセットで購入する方法です。別々で購入するよりもお得になっているので、端末を持っていないならこの方法がベストでしょう。

 

廉価な端末が用意されていることが多い傾向にありますが、日本では大人気のiPhoneをラインナップしている会社もあってなかなか侮れません。

 

主力のAndroidスマホも豊富に用意されています。2000万画素もの高画質カメラを搭載していたり、4K動画撮影、おサイフケータイや防水機能まであり、用途に合わせて選び放題となっています。

 

このとおり、格安スマホ端末の性能はどんどん向上してきています。もはや大手のスマホと比較してもできない事はほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

そればかりか格安スマホには大手よりうれしい点があります。それはSIMロックがかかっていない「SIMフリースマホ」となっていることです。

 

イオンスマホsimカードなどの種類もあります。

 

大手のスマホはその会社でしか通信が出来ないようにSIMロックがかかっています。ドコモ端末ならドコモでしか、au端末ならauでしか使えないのです。

 

規制緩和によりロック解除も出来るようにはなったのですが、一定期間契約していなければならなかったり、お金がかかったりする場合もあります。

 

その点で格安スマホはSIMフリーなので、もしもその会社のサービスが気に入らなかったとしても端末はそのままで他社に乗り換えが出来るのです。

 

最後にひとつだけ、格安スマホはドコモ系とau系とに別れていて、ドコモ系の端末にはドコモ系の会社でしか使えない点だけには注意してください。