貧乏生活を楽しむ知恵|節約食事のレシピで貧乏生活から脱出!

貧乏生活を楽しむ知恵

 

誰もが望んでいるわけではありませんが、貧乏生活をしていかなければならない状況に陥ることもあるでしょう。

 

借金をしてしまった、理由があって転職したら収入が下がってしまった、それぞれ理由があると思いますが、貧乏生活を楽しむ事で、貯金ができるように上手く知恵を使いましょう。

 

まず、自分の収入と支出を見てみましょう。

 

入ってくるお金以上につかってしまえば赤字となってしまうことは誰でもわかっています。

 

そこで、支出をおさえることで貯金ができるのだと気づくことが重要です。

 

ひと月でも、収入内で支出を抑える事ができると自信となり、貯金ができるようになります。

 

貧乏生活を楽しむ知恵は、休日にショッピングモールなどに行かないことです。

 

ついついお財布をひらいてしまうような場所は避けるようにします。

 

出かける先は、公園などが好ましいです。

 

お弁当を持参して、水筒に飲み物を入れて持参してみましょう。

 

自然のなかでは、お金をかけて遊ぶものはありません。

 

広い場所にいるだけでストレス解消にもなりますし、お子さんがいても一緒に楽しむことが出来ます。

 

毎日の節約生活もストレスがたまりますので、適度にストレス解消をして貧乏生活を楽しむのがおすすめです。

 

知恵をいかして生活しましょう。

 

 

貧乏生活にふさわしい節約食事レシピ

 

格差が最も現れやすいのが食事といわれています。

 

お金持ちの食べる高級料理に負けない、美味しい貧乏料理で元気を出しましょう。

 

貧乏生活にふさわしいレシピの条件は下記のとおりです。

 

・バランスがいい
→身体を壊すとさらに貧乏になります。

 

食事にまずお金をかけましょう。

 

・材料が安い
→必須条件です。

 

安く売る店も探しましょう。

 

・調理時間が短い
→ガス代、電気代の節約です。

 

・使う調理器具が少ない
→水道代の節約と鍋などの初期投資を抑えるためです。

 

節約レシピその1
  『青菜レンジ蒸し』
 豚ばら肉少々に塩をする
 青梗菜をたて4つに切る
 カレーの皿ぐらいの深さの皿に、青梗菜をいれ、上に豚バラを載せる
 ラップして3分レンジにかける
 ポン酢でいただく

 

節約レシピその2
 『何でもスープ』
 冷蔵庫に残った1つきりのピーマン、キャベツの葉の硬いところ、芽の出てしまった玉ねぎ、
とにかく何でも細かく刻んで鍋に入れてスープのもとを入れる。

 

 →キムチが残っていたらキムチスープに
 →トマト缶が安く買えたらトマトスープに
 →餃子があったら餃子スープ
 →スープが残ったら翌日はご飯を入れて雑炊に

 

貧乏生活は抜け出してなんぼです。

 

しっかり食事をして、貧乏生活から抜け出しましょう。

 

 

辛い貧乏生活に疲れたら、ゲーム感覚で脱出を図るワザ

 

貧困問題がクローズアップされるようになりましたが、貧乏生活は本当に辛いものですよね。

 

食べられないほど貧しくはないけれど、貧乏生活を脱出するために、働きづめの生活に疲れたという人は少なくないのではないでしょうか。

 

辛い思いが重なると、人間マイナス思考になってしまうものですよね。

 

そんな時は、まずそのネガティブな思考から脱出することが元気を取り戻す秘訣です。

 

例えば「本当に疲れた。

 

働いても働いても、ウチはどうしてこんなに貧乏なんだろう。

 

」と暗くなってしまったら、「でもまだ働ける仕事がある。」と考えを変えてみましょう。

 

そして節約をゲームにしてしまうのです。

 

例えば今週1週間の食費をいくらで抑えられたら、などの設定を決め、クリアできたらゲームは勝ちです。

 

そしてゲームに勝った時は少しだけ家族や自分にご褒美をあげてみませんか。

 

それは疲れた身体を休めるための、湯船に入れる一袋の温泉の素でもいいのです。

 

湯船につかっている時、きっと幸せな気持ちになれるにでしょう。

 

明日からの生活に立ち向かう気力が、また沸いてくるに違いありません。

 

辛い貧乏生活を脱出するには、家族全員で協力し合って、貧乏な状態を暗い所から明るい所へ引っ張り出してしまうことが肝心なのではないでしょうか。

 

 

参考サイト

 

貧乏生活の原因は、借金苦の場合が多いです。

 

つまり、そのような場合には、借金苦を抜け出さない限りは、いつまでたっても、貧乏生活から抜け出すことは出来ません。

 

借金の返済と貯金、どちらを優先

 

このサイトでは、借金苦から抜け出す方法を説明してくれています。